介護施設で働くスタッフはバツイチが多い?これって嘘?ホント?

介護施設の日常
スポンサーリンク

14年介護福祉士として介護施設で働いてて思うことが、介護士ってバツイチ多くない?ってことです。

 

私の施設では介護士だけでなく看護師もバツイチが多いんですよね。

 

まあ看護師さんにはバツイチが多いってのは昔からよく聞いてはいましたけど、介護の現場で働いていて介護士もバツイチって多いなぁと感じているんですよね。

 

たまたま?な可能性もありますが、私の職場のスタッフの人数がこちらです。

看護師 女性11名 男性0名
介護士 女性16名 男性14名

 

このうち看護師は5人がバツイチ。

介護士は男性は0名、女性は6名がバツイチです。

 

看護師は約半分がバツイチなんですよね。

 

介護士も16名中6名がバツイチっていうのは多い方ですよね?

 

これはどの介護施設でもそんなものなのか?

それともたまたま私の職場が多いだけなのか?

介護施設はバツイチの女性が多い理由は?

介護施設にバツイチの女性が多い理由を考えてみると、やっぱり不規則な仕事というのが大きな理由ではないかなって思います。

 

介護施設だと3交代勤務(2交代もある)が当たり前です。

 

昼間、準夜勤、夜勤とありますが、夜勤があるというのが夫婦間に亀裂を生む原因なんじゃないかなって思うんです。

 

まあそれが全ての原因ということではありませんが、要因の一つであることは確かだとも思います。

 

普通に考えて自分の奥さんが夜いないって旦那からしてみればいい気はしませんよね。

まあ中には、

 

奥さんがいないから自由だ!

好きなことができる!

 

なんて考えの男性もいるのかもしれませんが…。

 

でも奥さんが夜勤をしていると夫婦間のコミュニケーションはどうしても少なくなってしまいます。

このコミュニケーション不足が最初は小さなキズかもしれませんが、次第に大きな溝に発展してしまい、気がつけば埋められない溝に発展してしまう…。

 

これがバツイチになってしまう最大の理由なんじゃないかなって思います。

すれ違いってやつですよね。

 

子供がいる家庭の奥さんが夜勤をしていると?

女性で介護士として働いている方には当然子供さんがいる女性も多くいます。

 

もし子供がいる家庭の奥さんが夜勤をしている場合だと旦那さんは家事全般をこなさないといけません。

 

夕食は奥さんが出勤前に作ってくれているかもしれませんが、朝食は旦那さんの仕事になりますよね。

 

子供がすでに大きければそこまで問題ではありませんが、まだ子供が小さければ保育園の準備であったり、ゴミ捨てなんかもこなさなくてはいけません。

 

夫婦共働きだと今の時代奥さんだけに家事を任せるわけにはいきません。

 

やっぱりお互いに相手のことを思いやり、お互いが家事をこなさないといけませんからね。

それでも男性の中には、

なんで俺ばっかり…

俺にも自由が欲しい!

 

なんて考えを持ってしまう男性がいるのも事実です。

そんな考えを持ってしまうと家事を怠けるようになったり、家の事をまったくしなくなったり、最悪は外に遊びに出かけたり…。

 

女性(奥さん)が夜勤がある仕事でも家庭を円満にするには

女性(奥さん)が夜勤をしていると離婚の可能性が高くなるかもしれませんが、やはり夫婦の関係を円満にするには夫婦間のコミュニケーションをどれだけ取れているかによるのではないかなって思います。

 

それが会話です!

 

やっぱり夫婦としてすごしてきた時間が長ければ長いほど夫婦間の会話って少なくなってくる傾向にあります。

 

まあ中にはもうしゃべりたくもない!って夫婦もあるかもしれませんが…。

やっぱり会話って超大事なんですよね。

 

会話がなければ確実に夫婦間の思いのズレが生じてきてしまいます。

このズレが大きくなればなるだけ、時間が長ければ長いだけ修復ができない状況になってしまいますよね。

 

まとめ

他の施設ではバツイチの介護士って多いのかはよく分かりませんが、少なくても私の施設ではバツイチの方が多い!

 

バツイチになってしまう理由は様々なんでしょうが、24時間の交代勤務というのもバツイチになってしまう原因の一つなんだと思います。

 

そんなことを言っても介護施設で働く以上夜勤をしないというわけにもいきませんので、普段から家庭でのコミュニケーションをしっかりと取っておくことが大事ですね!