介護士として10年以上の勤務で8万円の賃上げ!信じても大丈夫?

介護士の給料
スポンサーリンク

こんにちは!

介護士の給料が8万円の賃上げって聞いてウッヒョーって気持ちとホントかよって気持ちに揺れている介護福祉士のレン(@renkaigofukusis )です

 

2019年の10月から始まる10年以上介護士として働いている方を対象にした給料が8万円アップするって話!

 

おそらくこのままいけばもらえることは確かなようです。

まあ最大の8万円がもらえるかどうかは分かりませんが…。

 

最初この話を聞いた時はまったく信用していませんでした。

 

その理由は、

どこからお金を捻出するの?

国にそんな財源あるの?

 

国の借金は1,000兆円とも言われているのに、そんな中で介護士にお金をまわすことができるの?という思いが強かったんです。

いくら国の対策とは言えお金がないのにどうやって介護士に支払われるのか不思議で仕方が
なかったんですよね。

 

今回は10年以上介護士として勤務している方に対しての給料が8万円アップについての話です。

 

10年以上介護士として勤務している方に対しての8万円アップ

最初にこの話を聞いた時は上げる上げる詐欺か?とも思いました 笑

 

以前にもありましたもんね。

 

今回ももしかして…って思っていましたが、でもよくよく考えれば2019年の10月って消費税率が10%に引き上げられる時なんですよね。

 

今回はどうやらその税収分から1,000億円、それと介護保険料から1,000億円の合計2,000億円が介護士の給料アップに投じられるとのことです。

 

消費税10%でお先真っ暗って思ってましたけど、介護士にはいい話が聞こえてきそうです^^

新加算は処遇改善加算の強化だということ

介護士として10年以上勤務している方の賃上げ8万円というのは処遇改善加算がベースと
なります。

 

処遇改善加算を手厚くするというイメージですかね。

 

なのでもし介護施設が処遇改善加算の申請をしていなければ10年以上働いていたとしても
8万円の賃上げはありません!

 

つまり0円…

 

これを機に施設側が処遇改善加算の申請を行う可能性もありますが、小さい事業所では厳しいというのが現実です…。

 

 

介護士として勤続10年以上勤務した方が対象なの?

この介護士に対して8万円アップという話が出た時は「同じ施設で10年以上勤務した方が対象」ということでした。

 

でも同じ施設で10年以上勤務している介護士ってそもそも少ない!

 

介護士の方は転職を繰り返している方、いろんな施設で経験を積んでいる方ってけっこう多いんですよね。

 

なので介護士としての経験は10年以上あるけど、私は8万円もらえないわ…という方がかなり多いというのが現状なんです。

 

そこで新加算について次のようにまとめられました。

 

①勤続10年以上の介護福祉士が基本だけどそれに見合う経験や技能がある介護士

②その他の介護士

③その他の職種

 

支給対象がこの3つのグループに分けられるようです。

最終的な支給の仕方は各事業所の判断によるようですが、基本的なルールもあります。

 

先ほどの支給対象①、②、③の中で一番支給額が多いのが①になります。

①は②の2倍以上の処遇改善額を支払わなければいけません。

 

また②は③の2倍以上というルールもあるので、①がもし8万円もらえるなら②は最高で4万円もらえるという計算です。

 

②が4万円なら①は最高で2万円ということです。

 

でも施設内で誰が①に該当するのか?

①と②の判断基準って施設側の判断によるので支給額に対しての問題がイロイロ起こってきそうな予感はしますね。

今回の8万円アップの対策で介護士の人手不足は解消できるのか?

今回の10年以上介護士として勤務している方に対しての8万円アップの話で人手不足は解消することができるのか?についてはおそらく無理!というのが現状なのかなって思います。

 

最大8万円の処遇改善をもらうには最低でも10年介護士として働かなければいけません。

 

これから未経験で介護士として働く方には10年って長すぎますよね。

まあ未経験でも処遇改善手当はもらえますが、最大8万を目指すにはちょっと長すぎるかなと。

 

なのでこれから介護士を目指す方にはあまり効果がないように感じますので、人手不足の解消にはつながらないと考えます。

 

ただし現在介護士として8年目や9年目というような方で退職を考えていた方に対しては退職を考え直す機会になっているかもしれませんね。

 

まとめ

まだまだどう転ぶか分からない状態の今回の介護士として10年以上勤務している方に対しての給料アップの話。

 

まあとりあえずはもらえるということには間違いなさそうですが、この先はどうなるのかってのは微妙ですよね。

 

この先ずっとその財源を確保することができるのか?についても疑問ですし、この8万円アップすることで介護士が増えるのかというのも疑問です。

 

介護士としては今回の処遇改善加算の見直しは素直にうれしい話ではありますが、最終的な判断基準は各事業所によるということなので、自分が働いている施設が良い施設であることを願うばかりですね。